Environment

教育研修制度

Introduce

Only1の使命を果たすために 一人ひとりの成長が、未来を創る

信用金庫業界を支える幅広い業務フィールド、役職員数が約1,200名の少数精鋭組織。信金中金では一人ひとりが担う役割が非常に大きく、職員を最も重要な財産であると考えています。 充実した研修プログラムや能力開発、キャリア形成支援により、多様な人材がその能力を最大限発揮し、活躍できる環境を実現しています。

01

Be Professional

金融のプロフェッショナルとして成長できる

入庫前に金融の知識や勉強は必須ではありません。企業内大学「SCBユニバーシティ」は金融の基礎知識から実践スキルまで豊富な研修メニューが用意され、若手のうちから金融のプロフェッショナルとして幅広い業務フィールドで活躍できる人材を体系的に育成します。

図:研修内容

(注) 研修体系等については、一部抜粋

02

Follow-up

新入職員や若手を
丁寧にフォローアップする

信用金庫研修出向制度
若手職員が3〜6ヶ月程度、信用金庫に出向し、地域のお客様の視点に立って営業や融資といった信用金庫の実務を経験する、信金中金ならではの制度。若手職員が信用金庫を知り、信用金庫の業務や理念に対する理解を深めます。
メンター制度
新入職員向けに、年齢の近い先輩職員(メンター)とペアになって相談や助言を受けられるメンター制度を導入しています。業務に関することだけではなく、今後のキャリアやプライベートに関することなど、気軽に相談できる身近な存在として丁寧にサポートする制度です。
OJT制度
入庫1~2年目を対象に、配属部門内で先輩職員が担当業務をサポートしそのフィードバックを行うOJT制度があります。業務内容はもちろん職場のルールなどについてもわかりやすく教え、社会人生活のスムーズなスタートをサポートします。
03

Invest in employee training

社外への人材派遣に、
積極的に取り組む

総合職向け

ビジネススクール・中小企業大学校への派遣研修

MBA取得に向けた国内・海外の大学院(ビジネススクール)への派遣や、中小企業診断士取得に向けた中小企業大学校への派遣を通じ、アカデミックで実用的な金融専門知識の習得を支援しています。

日本生産性本部経営アカデミー・異業種交流研修等への派遣研修

経営戦略やマーケティング、クリティカルシンキングについて、長期間にわたって異業種の社員とともに体系的に学ぶ外部機関への派遣などを通じ、経営管理能力や専門スキルの養成を支援しています。

事務職向け

事務職ステップアップ研修

事務職職員の人材育成策として、テーマパーク視察などを通じたホスピタリティサービスの体系理解や異業種の社員との交流を行う「事務職ステップアップ研修」を実施しています。この研修を通じて、事務職としてのプロ意識や、職場内での高い信頼の獲得に向けたマインドの醸成をはかり、中核的な存在となることを目指しています。

04

Be a Challenger

チャレンジと自己啓発を最大限に支援する

資格取得奨励制度
50を超える資格に対して奨励金を支給しているほか、ビジネスナレッジやDX、語学などの各種オンライン学習プラットフォームの受講料も補助しています。
キャリアチャレンジ制度
特定分野で専門スキルを有する職員を育成するため、公募により選考された職員について、一定期間、特定の業務分野に限定した人事異動を行う制度です。
neXtry(ネクストライ)
職員による新規事業の創出を目的とした制度です。職員自身が新たなソリューションを提案し、自ら実現に取り組む機会を創出するとともに、その取組みを信金中金が組織的にバックアップします。
トップへ戻る
信金中央金庫採用
© 2022 Shinkin Central Bank. All Rights Reserved.