Interview 13

仕事もプライベートも、
自分らしく充実した毎日を

外国為替センター

2019年入庫/家政学部卒業

Story 01

日本経済を広く深く支える「相互扶助」の精神が大きな魅力

大学時代は家政学部で教員をめざし資格を取得しました。ただ、将来を考えたとき、教育現場で仕事をすることへの不安がありました。また、仕事だけでなく、プライベートも充実できる環境の方が、仕事にも積極的に取り組むことができるのではないかと考えていました。そこで、仕事もプライベートも両方大事にできる、一般企業への就職を考えるようになりました。

一般企業を見始めた際、幼い頃、海外に住んでいたこともあり、日本の商品やサービスを海外に展開していく企業を中心に就職活動を行っていたのですが、企業の活動には、必ず資金調達が関わってくることから、お金を通じて経済を下支えしている金融業界に興味を持ちました。中でも信金中央金庫は、日本の約9割を占めている中小企業をお客様にしている信用金庫の中央金融機関として、地域の信用金庫を通じて、日本経済を広く深く支えることができる点にとても魅力を感じました。

また、面接でお会いした方々は、皆さん物腰やわらかでありながら、「信用金庫のために」という共通の思いをしっかり持っていて、目標を持って仕事をされている印象を受けました。実際に入庫してからもその印象は変わりません。職員数も決して多くないので、お互いの距離がとても近いですし、何かあれば先輩や上司のところへ行ってすぐ相談できるなど、働きやすい環境だと思います。

Story 02

興味を持ち、幅広く知識を吸収して、主体的に動ける人に

私の所属は外国為替センターという、海外の企業と日本の企業間の資金決済を担う部門です。お客様が海外の取引先と取引する際に外国為替取引が発生するのですが、各信用金庫で対応することが難しい場合に、信金中央金庫が代わりに処理をしています。私は事務職として、入庫1年目は外国にお金を送金する業務を行う担当として、先輩方に教えていただきながら業務を覚えました。決まった事務処理の流れやSWIFTの使い方などを頭に入れ、いかに早く正確に多くの案件を処理できるかに集中していました。

そして、入庫2年目の途中からは、今までとは逆の立場である外国からお金を受け取る業務を担当することとなりましたが、この業務では更に専門知識が重要になり、苦労したことを覚えています。たとえば、入金処理をする際は、その資金が不正な資金ではないことを精査するために、資金の受取人に契約書などの書類を提出していただくよう信用金庫へ依頼します。そのとき、どのような物の動きがあり、どのような書類が発生しているかを知っていれば、「○○の書類を提出してください」といった具体的な依頼ができるわけです。当初は知識がなかったので日々学ぶことが多く、業務を通してこれまでで一番成長できたと思っています。

特に、近年日本ではAML対策(マネー・ローンダリング対策)に非常に力を入れており、不正な資金のやり取りを防ぐことは国内外の金融機関からの信頼に不可欠なので、非常に重要な役割です。AMLは奥が深く、様々な関連資格もあり、積極的に知識を吸収して仕事に活かしたいです。これに限らず、「事務処理」を流れ作業のように捉えるのではなく、その向こう側でどのようなことが行われ、どういった物の流れがあるのかについて常に興味をもち、知識を蓄えて主体的に動ける人になりたいと思っています。

※SWIFT(国際銀行間金融通信協会):世界中の銀行間の金融取引の仲介と実行を担っている国際協会。金融機関のネットワーク上で動作するメッセージングシステムで、資金決済などに必要な金融情報を安全かつ迅速に通信できる

Story 03

自分の時間や休暇も大切にしながら、長く仕事を続けたい

時期にもよりますが、定時に退社することが多いです。そして、休憩時間や業務終了後は、土日に行く場所を調べたり、友人と話したりと、貴重な休日を充実させるための計画を練っていることが多いです。そして土日は、朝早く起きて愛犬の散歩に出かけ、その後、ランチやお買い物へ行きます。コロナ禍になる前は、職場の同期の人たちとドライブなどにも行っていました。私の同期はとても仲が良いです。今はオンラインで飲み会などをしていますが、何気ないことを話しながら仲を深めています。

また、信金中央金庫では、通常の有給休暇以外に5営業日連続で休暇を取得できる連続休暇や、アニバーサリー休暇、2営業日連続で休暇を取得できるリフレッシュ休暇などがあります。私はコロナ禍前にリフレッシュ休暇を利用して京都旅行に行きました。今後の働き方については、就活の頃からですが、長く仕事をしたいと思っています。結婚や出産といった今後のライフイベントにも対応しながら働きたいです。実際に先輩方も妊娠中から柔軟に休暇を取得しています。現在の業務は、一人ではなくチームで回していて、休暇の際はサポートしていただける体制をとっており非常に働きやすい環境だと思っています。

Daily Flow

ある1日のスケジュール

  • 8:45
  • 9:00
  • 12:00
  • 13:00
  • 15:00
  • 17:15
  • 出社し、メールを確認。業務に必要な情報を収集し、情勢や対応を確認
  • 信用金庫へ着金のご案内、入金依頼の受付開始
  • 昼食
  • 入金依頼の受付終了。各信用金庫に入金の最終確認連絡
  • 件数合わせ、報告関連の書類作成
  • 業務を終えて退社

Message

学生の皆さんへのメッセージ

就活は、人生において大きな決断をするタイミングだと思います。なかなか思い通りにいかないこともあるかもしれませんが、一喜一憂せず、あきらめずに一生懸命がんばっていただきたいです。自分らしく働ける場所は、必ずあると思いますよ。

一覧へ戻る
信金中央金庫採用
© 2022 Shinkin Central Bank. All Rights Reserved.