01:コンサルティング(営業店)

MemberTOP | 01:コンサルティング(営業店)

名古屋支店 副調査役

2013年入庫 商学部卒

信用金庫の課題解決に
真正面から向き合う最前線

現在の仕事内容


 信金中金の営業店の役割は、信用金庫役職員と直接コミュニケーションを図りながら、信用金庫の課題解決のサポートを行うことです。私はコンサルタントとして4つの信用金庫を担当しており、信用金庫役職員と「地域を活性化させるためにはどうすべきか」を議論し最適なソリューションを提案するとともに、信用金庫の自己改革をサポートしています。

 信用金庫から相談される内容は、貸出推進、有価証券運用、取引先支援、組織運営、リスク管理、システムなど、非常に広範囲であるため、信金中金の本部機能や全国信用金庫のネットワークを駆使し、課題解決に向け奮闘する毎日です。
 コンサルティング担当は、信金中金の新たなサービスや各種施策の提案を信用金庫の経営陣が集まる会議の場で行うことも珍しくありません。特に、信金中金の営業店が毎年実施する決算分析の報告会は、全役員を相手に説明するケースが多く、入念な準備が欠かせません。ある信用金庫と将来のビジネスモデルをどう描くか意見交換するなかで、これまでの戦略の見直しを提案し、白熱した議論になりましたが、その数日後には地元のお祭りに招待され、一緒に踊るなんてこともありました。ある時は膝を突き合わせてとことん議論、ある時はともに楽しく遊ぶ、これがコンサルタントの醍醐味でしょうね。その時に踊りすぎて足を骨折したのもいい思い出です。

信金中金のアピールポイント


 信金中金の魅力は、仕事のスケールの大きさと幅の広さだと思います。信金中金では、信用金庫の経営者がどのような哲学で経営判断を行っているのか、私のような若手職員でも接することができ、しかも意見を述べる機会があります。若手の頃からこうした責務の大きい仕事に携われる企業は数少ないのではないでしょうか。
 また、信金中金には、金融機関の枠を超えた豊富な業務がある点に特徴があります。信用金庫のセントラルバンクとして、地域や信用金庫の課題解決をサポートする複数の部署以外にも、国内有数の機関投資家としての役割を果たす、市場運用部門や貸出部門があります。1つの組織の中でこれほど多様なセクションを有する企業は希少であり、様々なキャリアパスが用意されています。

休日の過ごし方


 名古屋支店の担当エリアである東海3県には魅力的な観光スポットや美味しいお店が溢れているので、夫婦で旅行を楽しんでいます。有給休暇を取得しやすい職場であるため、平日の閑散期に人気スポットを優雅に巡ることができます。この前はリフレッシュ休暇(2日連続の休暇)をもらい、奥飛騨の温泉で英気を養っていました。
 また、信金中金にはたくさんの部活動が存在しており、私はテニス部に所属しています。月に数回ゆる~く活動しているので誰でも気軽に楽しめます。名古屋に赴任してからは、信用金庫の役職員の方々とテニスをすることもあります。
 このほかの時間は、本を読んだり、音楽を聴いたり、大好きなゲームをしてリラックスしています。 

MembersTOP | 01:コンサルティング(営業店)